人間がすべてです

こんにちは、佐藤直曉(なおあき)です。

商品が売れる。金利が上がる。株が上がる。

でも、これらは結局は人間の行動の反映です。ですから、人間がわかれば、こういうものもうまく使いこなせるようになります。

また、人間に対する理解力が育成されれば、多くの悩ましい問題が解決できます。

メンバーを引っ張っていかなければならないリーダーにとっても、人間を見る眼は不可欠です。

人間を見る眼のないリーダーがどうしてメンバーに適切な指導ができるでしょうか。よきリーダーになるためには、人間分析力が不可欠だと思います。

人間を見る眼のないリーダーは、レーダーを搭載しないで人生の荒海に漕ぎ出す船のようなものです。考えただけでも恐ろしいことです。

L研リーダースクールでは人間行動学に基づいて、リーダーの人間を見る能力を育成強化します。そこで目指すのは以下の点です。

  • 人間を見る力を鍛えるための理論である人間行動学を開発・普及し、これによりリーダーシップあるリーダーを育成する。
  • 世界を変革するイノベーティブで洞察力あるリーダーを育成する。
  • 組織に依存しない強い個としての人間を育成する


L研リーダースクールでは、「人間を活かす」リーダーを育成します。具体的には、人間分析能力を徹底的に高め、優れたコミュニケーション力が得られるようにします。

その結果、メンバーの性格やバックグラウンドに応じて的確な指導ができるようになります。

このような能力を培えば、指導的立場にある方にとっては大きなメリットになりますし、対外的な折衝の多い仕事の方にとっても非常に有効になります。

特に、起業・独立を果たされた方が学ばれると、非常に役にたちます。また、中高年で定年後独立を目指されている方にもお役にたちます。

営業力の基本はコミュニケーション能力です。相手のニーズがさっとわかる能力、相手の志向を的確に判断できる能力を、L研リーダースクールの講座で培ってください。

L研リーダースクールでは、個々人のユニークな才能を発揮させること、組織に依存しない強い「個」をつくることを目的として、日々研究を続けています。